TAG 話が違う

転職で企業研究が重要な理由!「話が違う」と嘆く前に相手を知ること

転職で「話が違う」と言うことは良くありますが、その背景としては自分の中での固定概念ができてしまっているケースが多くあります。会社によってビジネスの展開が違うので、その会社としては当然の人事でも、結果自分が理想としていた人事と違う!ととらえてしまうこともあるので注意しましょう。今回はそんなエピソードの体験談です。

中途採用の裏事情を考えさせられた転職者の悲痛な叫び

これは面接でいっていた事と全然違うじゃないか!という典型的なパターンでしょう。転職活動を経験している方にはこういった経験がある方も多いと思います。中途採用というのは今まで勤めていた会社を一発奮起して退職し、キャリアアップを目指す事に大きな意味があると思いますが、それができるかどうかは当然次の会社次第という事になります。転職してしまってからでは遅いのです。