20代の転職と30代の転職活動の違い。印象は大きく変わる・・・

スポンサーリンク
s-pic_g016

人生2回目の30代での転職ということで、経験もあるし今回は楽に行けるかななどと考えて、再び転職支援サービスに登録した私。

今回はスピード重視だったので、一度に2社のサービスに登録してより多くの非公開求人を紹介してもらおうという魂胆です。

そこに立ちはだかるのが、年齢の壁。20代と30代ではやはり世間の見る目が違ってくるようです。

今回登録したのはマイナビエージェントというところと、有名な転職サイトのDODAの2社。

20代30代の転職に強いという売りを確かめます。

まずはマイナビから電話があり、オフィスにて打ち合わせをしたいとの事。

いよいよ転職活動の始まりです。今回は、前に作成していた職務経歴書や自己分析を少し手直しして使う形になるので、幾分楽できます。

前回通用しているものなので、自分としてはそこそこの自信がありました。まずは事務所に出向き、担当者と面会します。

今回は男性のキャリアアドバイザーです。以前転職経験があることを告げ話を進めます。前回はマイナビではなかったので、少し首を傾げていましたが事情を説明して納得。

この転職サービスは結局は人と人との相性が上手くいくかが重要です。実際の面接もそうですが、どれだけ自信があっても相手とのそりが合わないということは起こりえます。これは仕方のないことなので、すんなりと違うサービスに乗り換えてみるのもいいでしょう。

話がそれましたが、今回の希望条件・業種・職種などを伝えていきます。一通りこちらの要望を伝えたところで、担当者が難しい表情をしています。

どうやら、30歳という年齢がネックになっているようです。20代と30代では紹介できる案件に大きな差があるということ。最も需要のある25から27歳が一番受けがよく、求人が多いそう。

これが30になると、無いと言うことはないが確実にハードルが上がっているという厳しい現実を突きつけられます。

同業で、同じような仕事内容を経験した人であれば、むしろ経験者ということで高く評価されるようですが、今回も私は同じ営業職でありながら異業種希望です。 

1から知識や商慣習を教え込むには遅すぎる年齢であるということです。

  • ここで重要となるのが、結局そのハンデを乗り越えれるだけの経験をしてきたか?
  • 20代に負けていない覇気があるか?
  • 今から新しく詰め込む知識をものにしていけるか?

これらが乗り越えねばならない壁となって立ちはだかります。

なんとか10社以上の求人を紹介してもらうことができたので、一旦帰ってからエントリーするかどうかの判断をすることにします。

これはなかなか難しそうな状況になってきてしまいました。