リクルートの転職サイト「リクナビネクスト」に登録してどんなメリットがある?

ノートパソコン
スポンサーリンク

転職を志した私ががまず初めにやったこととは・・・・就職活動でもお馴染みの、リクルート社のサービスに会員登録しました。転職の際はリクナビネクストという名前で運営されており、画面が違います。

同じようなサービスはいくつかありますが、まず初めは知名度で選んでしまいました。リクナビネクストは転職するときにどのようなメリットがあり、活用していったのかを紹介します。

リクナビネクストに登録するメリット

まずはリクルートの登録ページを開き、公開されている案件を探します。普通に閲覧することもできますが、登録することでより細かな情報を見られる上に、以下のサービスが利用できるようになります。

  • 履歴書・職務経歴書を公開できる
  • 企業からの直接オファーを受けることができる
  • リクルートエージェント(無料転職コンサル)を受けられる

履歴書については、ウェブで登録しておけるので編集も容易。いつでも訂正して使えるので便利です。職務経歴書は転職時の独自のものになりますので、別途職務経歴書の書き方について記事を用意しています。

登録が済むと、その公開された履歴書や経験を見た起業からの求人オファーが届きます。

実際に来るオファーはほとんどが興味のないところが多いですが、中には全く知りもしなかった業界からのメールが届いていることもあります。自分の視野をとことん広げたいという人にはこれらの求人に応募してみるのも面白いですよ。

実際にサイトで求人を探していると分かるんですが、サイト上で募集しているのはほとんどが一年中募集をかけているような企業ばかり。営業職やコンタクトセンターなどの募集が目立ちます。正直言ってどれも離職率の高そうな職種が多く、常に人員を補充しているところが多いので、あまり参考にならないと思います。

ではどのように職を探していったらよいかといえば、項目3つ目のリクルートエージェントを利用するんです。

リクルートエージェントが利用できるメリット

これは簡単に言えば、転職アドバイザーによるサポートサービスです。一般的に転職しようと考えている人は現在仕事に就いているひとがほとんどなので、時間の成約もあるし、多くの時間を割けないという事情があります。

そこで、転職活動をスムーズに進めるためにエージェントというアドバイザーが企業との間に入り、選考の調整や選考通過のためのアドバイスをしてくれるサービスになります。

エージェントを利用するメリットはこれだけではないんです。

求人の少ない非公開求人を受けられるメリット

先ほどリクナビネクストのサイト上で見られる求人は、あまり参考にならないということを書きました。実は、これ以外にも星の数ほど求人があるのですが、ほとんどは公開されない非公開求人という扱いを受けています。

なぜ非公開にしておくかというと、いくつか理由があります。こちらも参考 非公開求人とは?

募集人数が少ないため、大々的に募集すると人が集まりすぎてしまうため、選考する人事部の負担が大きくなってしまうケース。少数の募集を、エージェントから個別に受けることによって効率よい人材募集ができます。

もう一つは、募集してくる人の質を高めるケース。どの企業も優秀な人材を確保するのに躍起になっています。それに、応募してきた人の経験や実績が、自分の会社で生かせる能力があるかどうかは面接するまで分かりません。そこで、エージェントに希望の人材の具体像や必要な経験を伝えておきます。第一段階の面接をエージェントに任せることで、求める人材に近いキャリアを持つ人を紹介してもらうことで選考の無駄を省こうという考えです。

こうして見ていくと、いかにも企業目線のシステムだなと思いますが実際に利用する立場からしてみても、企業の社風やいままでに採用されていった人の話が聞けますし、自分に合った企業を紹介してくれるのは面接の無駄打ちを省けるということになります。

リクナビネクストのサービスは、時間が無い・効率よく活動したい転職活動では、必須とも言えるほど使ってみる価値あるサービスですね。

そんなこんなで、登録して3日後くらいにエージェントから連絡が入ります。いよいよ本格的な転職活動がスタートです。

次の記事:リクルートエージェント名古屋にて初面談レポート

リクルートの転職サイトリクナビネクストに登録するメリット

リクルートエージェントとともに職務経歴書を充実させる

リクルートエージェントとの面談を安易に考えてはいけない

30代で転職成功するための流れとノウハウ総まとめ

リクルートエージェント