30代で「未経験業種への転職」は難しいのか?30代に求められるもの

スポンサーリンク

30代の転職活動に対する質問で、多く聞かれるのが、30代から未経験の業種へ転職するというのは無理なのか??というもの。

転職アドバイザーも認める、未経験業種への厳しさで分かった30代以上に求められるものとは何か?

30代に求められるもの

人事部で実際に面接をしている友人二人から採用側の本音を聞いてみた。

30代になってから未経験業種に挑戦という人も少なくないです。

私もその一人で、度重なる面接で受けた中で、年齢の壁というものに大きく悩まされてきました。

転職アドバイザーからの話では、確実に30代では未経験業種は狭き門になると言われました。

30代になると、新たに知識を詰め込んだり資格の取得が必要な際に、思うように頭に入らなくなるというのが採用側の懸念だそうです。

1から教え込んでいくのは時間がかかるし、教えても身にならないことが多い。

特に私が志望した医療業界は、それぞれに専門知識を必要とするために高年齢は敬遠されることが多いようです。

もちろん35歳で未経験から製薬会社へ来ていた同期もいましたので全てではありませんが・・・

ちなみにその人は、4回の転職をしていて経験の豊富さが買われていたようです。世の中ホント分かりません。

30代の中途入社に求められるものは?

20代の時の面接で受ける質問と、30代になってからの面接で受ける質問が微妙に違う・・・

ふと気づいた疑問から、30代で入社してくる人に求められるものは何か?を考えてみました。

友人の人事担当で面接もこなしている人物に採用基準について詳しく聞いてみると、2つの言葉が返ってきました。

  1. 即戦力となる人物
    すぐにでも実績を出してくれ様な人物が一番ベスト
  2. 新しい風を吹き込む
    意外な経歴や人柄を持った人物を送り、刺激を与えるために採用する

この2点での採用が多いと言います。

最も重視されるのは即戦力。

中途募集するときの要件として、

  • 業績好調による人員拡大
  • 退職者の穴埋め

が主な動機となってくるので、出来る限り損失を抑える人員補充をしなければならないのです。

20代であればこれから経験を積める年代ですが、30代はあらかたビジネスパーソンとして完成しつつある年代。

未経験を狙うなら、20代の内がハードルは低いようです。

その分30代では同じような経験を積んだ人は優遇されます。

同業他社や、今の経験を活かせる職種であれば1回の面接で内定が出てしまうこともあるそうです。

20代の場合は経験不足を懸念して、こういったケースは少なくなるそうなので、年齢で転職そのものが不利になることはありません。

それぞれ求められることを理解しつつ、ハンデを乗り越えられるネタをアドバイザーとよく相談してから面接に臨むのがいいと思います。