面接時の服装は俗に言うリクルートスーツじゃなきゃダメ?

スポンサーリンク

面接時の服装については色々と悩みどころです。面接に行くのですから、清潔感や誠実さがにじみ出るような服装選びには相当気をつかう必要があります。

定番なのが、リクルートスーツと呼ばれているものです。

s-pic_g175

男性では濃いグレーか濃い紺色のスーツで、細身に作られており、一目見ただけでも就活生というのが分かってしまうくらいですね

女性も定番は濃いグレーが多く、非常にタイトに作られています。

リクルートスーツと言えば新卒の就活用というイメージが強いので、就活となればこのスーツでなければ駄目なんではないか?という考えをお持ちの人も多いようですが、転職ではそんなことありません。

転職活動においては、むしろ普段着こなしているスーツで社会人経験者というのを自然に装うことがいいのではないかと考えています。

新しくスーツを購入される人もいると思いますが、わざわざリクルートスーツを買う必要は無く普段の仕事で十分につかえるビジネススーツを購入するといいでしょう。後々使えますからね。

リクルートスーツではいかにもという感じがして、普段のビジネスでは馴染まないことも経験上ありましたので、意識しすぎると出費がかさむことになりますので注意しましょうね。

スーツの色によっては汚れやしわ、ふけ等が目立つものもあるので、服装もですがそれらの身だしなみには十分注意してください。

実際にスーツしわしわで靴もかぴかぴで指摘されていた人もいましたので、こちらも参考に準備を進めてみましょう。