転職活動の筆記試験で落ちることはあるのか?転職の疑問

スポンサーリンク

転職活動でも、筆記試験などの試験が選考過程に組み込まれることはあります。

私も疑問に思うことがあったのですが、試験はどれくらいのウェイトを占めるのでしょうか?

転職筆記試験

転職の選考過程で課される筆記試験とは、マークシートを使った学力テストやタブレットなどを使った試験とは別に行われるもの。

内容としては、小論文の作成や・時事ネタへの評価をまとめる・個人のビジョンや会社のビジョンなどについてまとめる、というような試験であり、慣れない人には抵抗があるものです。

経験上、転職で試験の受験を求める企業は全体の3割くらい。

業界によっても違うらしく、就職後に資格を取ったり勉強が多い仕事は試験があるケースが多いです。

転職アドバイザーからは、「筆記試験は形式的だから深く考えなくて大丈夫!」といわれたことがありますが、落ちるときは落ちます・・・

活動し始めの準備がおろそかなときは、最初の試験だけで落とされたのは5社にのぼります。もっと勉強しろ!といわれて当然な結果ですが、試験は軽く考えてはだめです。

企業が試験を行うときは、多くは外部機関に委託します。

つまりお金を払って試験を導入しているのです。この結果を参考にしないわけがありません。

特に注意したいのが、人気の高い大手企業を受けるとき。転職アドバイザー経由でも、非常に多くの求職者がエントリーします。

ふるいにかけるために試験結果の上位者のみを選考に進めるのでただ基準点を取ればいいという訳ではないこともあります。

私が受けた医療業界は、8割は試験を実施してました。未経験な上に、必須資格をとるのに勉強が大変だからです。

そのほかの業界でも募集人数が多いほど、筆記試験の結果を重視しつつ振り分けているケースは目立ちます。

中には社会人になってまじめに勉強をするという習慣が亡くなってしまっている人も多いのではないでしょうか。うっかり誤字脱字が多かったり、文章として成り立っていないなど厳しく見るところは見ます。甘く見てしまっていると痛い目にあうこともゼロではありません。

業界によっても違いますが、試験は必ず準備するようにしましょう。