転職した回数が多くても面接官の心象には影響ない?

スポンサーリンク

転職回数が多いと面接で不利になるのでしょうか?

結論から申しますと、あまりにも回数が多い・在籍機関が1年とか短すぎるという場合は懸念材料になってしまいます。

s-pic_g243

転職回数も2回目くらいまでなら、会社の事情なども考慮して深くは聞かれないが、3回以上となると「会社勤めに向いていないのではないか?」という不安を抱かせることにもなります。

しかし、面接官を納得させられる理由と、この会社で働きたいという強い意思があればハンディとはならないです。

回数が多い場合を克服するためには、いくつかのポイントがあります。

転職経験が多い人が抑えておきたいポイント

  • 一貫した前向きな転職理由をアピールする
  • 転職は最後にするという意思表示
  • 前の会社の悪口やネガティブ要素を絶対に言わない

あなたが一貫して同じ職種(ずっと事務・ずっと営業)であるならば、スキルアップを目指した前向きな転職理由を述べることで、説得力を持った回答ができます。

様々な経験をつみ、この会社で最後に頑張るという意思を伝えることを意識しましょう。

面接官とのやり取りの中で、前の会社の退職理由などを聞かれた場合は、絶対に悪口や愚痴にならないように気をつけます。

「残業が多いとか、やりがいがなかった、休みがなかった」などの理由は好印象をもたれないばかりか、再びそれらの理由で辞めてしまうのではないかという不安を抱かせる原因になります。

どうしてもという場合は、会社の方針が変わった・倒産した・リストラにあった等、自分の努力ではどうしても改善できないやむをえない状況になったことを伝えることは有効です。

転職ごとに業種を変えてきた場合は、その経験がいかにこの会社の業務に役立てられるか?一貫性と関連性を考える必要がありますね。

あまりにもかけ離れた職種の場合は、上記やむを得ない理由等を使い逃げるのも手。

キャリアが長いものや、現職での経験というものは重視されるので、いかに現職の経験が次の仕事に活かせるかをアピールできればクリアできます。

最後に、面接官の指摘には動揺しないこと。動揺は自信のなさの現れですので、説得力に欠けます。

ある程度の転職回数がある場合は、テンプレのように良く聞かれる質問であることとして予め対策をしておくべきですね。

「よくぞ聞いてくれました!」くらいの心構えで話ができるように、準備は念入りにしておきましょう。