転職での面接回数はどれくらいか?一般的回数の相場

スポンサーリンク

転職における面接回数についての疑問。

新卒の就職選考に比べると、中途採用での面接回数は圧倒的に少ないことが多いです。

集団面接

私の経験上は多くて3回。下手したら1回、2回目の面接で内定が出るということもありました。

知識として、転職においては即戦力が求められるのが大前提ですので、面接官がそのまま上司になるというケースが少なくありません。

新卒の場合は、まとまった人数を採用した後に、研修を経て最適な部署へと配属していくという流れが多いですが、転職など中途採用では、配属される部署が決まっているのが大きな違いです。

そのために段階を踏んだ長々した選考が省かれ、配属される部署の責任者が最終決定者となることが多いです。

通常の面接では、人事部の1次面接 → 採用部署の担当者 → 取締役・役員面接という流れをとるのが代表的なパターン。

しかし新卒よりも採用する人数が少なかったり、穴埋めで採用するような場合は、1次面接で人事と担当部署の責任者が同時に選考を行うというケースがあります。

1次面接に複数の面接官が同席し、的確な人材かを見る人と、仕事のスキルを見る人と別れているケースが目立ちました。

企業側も時間を割く回数が減ることで、効率のよい選考を進めるという考えですね。

大きな会社であっても面接回数は2回というのが多かったです。

中小企業やベンチャーなどの小規模な会社では、1回の面接で決まってしまうこともありますので気が抜けません。

さすがに1回ですべて決まるという場合は、条件面などで詳しい話が疎かになるケースもあるようなので、自分で確認するか、転職アドバイザー経由で確認するようにしましょう。

転職アドバイザーを利用する場合は、転職アドバイザー自身が1次選考のさわりをかねているケースもあり、企業は紹介があった時点で人間的な部分を信頼して選考を進めることもあるようです。

その分1回の面接におけるウエイトは相当大きくなりますので、1次面接だからと気を抜かずに臨むようにしましょう。