喫煙者は転職活動における面接・選考で不利になるのか?

スポンサーリンク

タバコを吸う喫煙者は、今の時代肩身の狭い思いをするばかり。人によっては露骨に嫌な顔をされるし、会社などでも全面的に禁煙を勧めるところもでてくるくらい。そこで気になってくるのが、転職の面接をするときなどにタバコを吸っていることが悟られてしまった場合に採用の選考に不利に働くかどうか?という疑問です。

職場のストレスなどから、転職を考えるくらいの年齢になると喫煙者も増えます。

著者自身も喫煙者の一人であり、当然転職活動のさなかだけ止めるということなどはできませんでした。結果論ですが喫煙をしているから不利になるとか、それが理由で面接を落とされるということはまずはありえないと考えています。

しかし時には思わぬ対応を迫られたり、不利になっているのでは?と感じた経験もありますので事例を紹介しながらタバコと転職の選考について考えていきましょう。

君はタバコを吸う?と言う質問を受ける

転職の面接では様々な質問がされ、時には回答に困る質問をされることがありますよね。実は面接の中で唐突に、「あなたはタバコ吸いますか?」と言う質問をされたことがあるのです。

わずか数秒の時間ですが、相当回答には悩みました。吸ってないといった方が良いのか?正直に吸いますと答えるべきなのか?駅の喫煙室でタバコを吸っているところを見られていたのか?裏にどんな意図が隠れてるのか・・・?

結局この場で答えたのは、素直に吸いますとだけ答えました。ちなみにこの質問の意図は、この会社では接待が多くて職業柄喫煙者が多いのでアレルギーなどがないかどうかを確認しておきたかっただけとのこと。しかしいきなりこんな質問されたら困りますよね。稀なケースだと思いますが、形を変えて質問を受ける可能性はゼロではないと思います。

他には転職アドバイザーの方から受けた面接へ向かう喫煙者への助言を書いていきたいと思います。

口臭やタバコの臭いには気をつけるべし

タバコの臭いは本人が気にしていなくても、吸わない人には特に気になるもの。転職アドバイザーの人は、求職者と面談するときには部屋に入った瞬間にタバコを吸う人かどうかが分かるといっていました。

最近ではこもった喫煙室などでしかタバコが吸えず、衣服には相当の煙の臭いがこびりつきます。吸わない人にとっては苦痛になるもので、これが面接官だった場合には当然いい印象はもたれないはずです。

このためどうしてもタバコを吸うのであれば、吸ったあとは必ず口をすすいて口臭を消すのと、衣服などに付いた臭いを消せるような簡易消臭スプレーを持っていくように言われました。

最低限トイレなどで口を水でゆすぐだけでも違うそうです。面接の場では時として面接官との距離が非常に近いことがありますから、タバコのニオイを発しながらハキハキと喋られたら相手にとって苦痛にしかなりません。

タバコを吸っていることで採用選考で不利になるか?という視点でいえば、確かに不利になる要素をはらんでいることは心得ておくべきです。面接官にも気持ちよく対応できるように、こちらから配慮する姿勢が求められるということです。

ちなみに転職後の職場では、タバコそのものが忌み嫌われていたりしますから空気を読んでいくようにしましょう。逆に喫煙者が多くてタバコ吸ってる方がコミュニケーションが円滑に働くということもあります。上司になる人が喫煙所へ言ったときは、欠かさず付いていったりしましたから。

健康面では誇れたものではありませんが、喫煙者なら喫煙者ならではの身の振り方で世渡りしていきたいものです。