間違いが多い転職の履歴書!ポイントを押さえよう

スポンサーリンク
s-pic_g039

履歴書・・・自分の生い立ちと経歴を簡潔にまとめて書くもの。

コンビにでも売っているのでまとめ買いしておくといいでしょう。書き損じなどで思ったよりも不足します・・・。転職用として、職務経歴書がセットになったものが売られています

ここでは間違いやすい転職活動における履歴書の書き方をおさらいしてみます。

  • 学歴は高校入学から書く。年号の書き間違えに注意
  • 職歴は大学卒からのもので、バイトを除いた全て書く
  • 日付は随時正確に書く!まとめ書きに注意

履歴書については項目に沿って書くだけですが、履歴書の内部に同封してあるような書き方の見本では圧倒的に不十分。特に自己PRや志望動機については応募する会社ごとに吟味する必要があります。

※中にはやたらと書く項目が多くて、趣味とか不必要項目が沢山あるものも売っています。転職で応募する際に求められるのは、ビジネスとしてのスキルが第一ですのでごちゃごちゃしたものはいりません。下手なこと書いて突っ込まれるのが嫌なら、できるだけシンプルな書式のものを選びましょう。

まずは名前などを楷書で書きます。楷書といっても普通に丁寧に書けば問題ありません。枠は大きくとられているので、名前くらいは大きく目立つように書いたほうがいいです。

次に学歴。高校入学から順に書いていきます。

よく迷うのが、和式の年号か西暦で書くかです。無難にいくなら和暦で書きますが、特に決まりはないしこれで評価が落ちることはないです。

一番いけないのが会社ごとに書き方を変えるあまり、間違えてしまうこと。ここを間違えると、「こいつは1年留年でもしたのか?」とかいらぬ質問を浴びせられることになるので十分注意します。私は一回やらかしました。

次に職歴

職歴は転職経験がある人は全て漏らさずに書いていきます。転職経験の多い人は全てを書き込みます。

細かな仕事内容や経験については職務経歴書で書くので、所属した会社名と、入社・退社日を書いていけばいいです。

最後は必ず「以上」で〆ます。

その他の項目

所有免許・資格

免許や資格については、「募集要項で必須となっているもの」もあるので漏らさずに書きましょう。

中には趣味でとるような資格がありますが、仕事をするうえで役立ちそうにないものは書かないほうが無難です。あくまで志望している会社・職種で力を発揮できることをアピールする書類ということを認識しましょう。

志望動機と自己PR

志望動機は職務経歴書と併せてよく見られます。整合性がないと評価は落とすので注意。書き方の例としては、

「私は御社の~という活動に興味を持ち、~という目標を実現できると思い応募いたしました。
今までの職務で~という経験・実績を持っています。この経験を活かし、御社で実績をあげたいと思います。」 

ここでは書ける欄も少ないので、簡潔にまとめます必ず入れたいのは、なぜこの会社であるのかという点。企業研究して会社の営業手法や製品について触れておきます。そして、自分の経験や実績がどのように活かせるのか?という再現性を持たせることです。

自己PRは履歴書によってはないものもありますし、自由に書ける職務経歴書で存分に書けるので整合性が合うように簡単にまとめておけばそれほど見られません。

重要なのは職務経歴書ですこちらも参考にしてみてください