職務経歴書の書き方!転職の書類選考に落ちてしまう人へ

履歴書
スポンサーリンク
職務経歴書

職務経歴書」とは、転職活動をするにあたって必ず書かなければならない書類です。

今までに経験した仕事内容・実績・経験をできる限り具体的に記載し、自身のアピール材料になると共に、面接の際の質問や話題の多くを占めることになる非常に重要な書類です!

ここでは実際に多くの指摘を受けながら推敲した私の経歴書を参考に、書き方を紹介してみます。

履歴書よりも面接で重視される職務経歴書の書き方

職務経歴書というのは転職時における最重要なキーともいえる書類。この書類の出来次第で、書類選考の通過の可否を左右します

さらに、面接では主にこの書類に記載された項目についての質問が大半を占めますので、自己アピールしつつ面接をスムーズに進めるためにしっかりと書き入れる必要があります。

書式は決まっていないので書きやすいものを使う

まずはどのような書式で書けばよいのかということですが、書式は決まっていません自由に書いてよいことになっています。

転職支援サービスを利用すれば、書きやすくて見やすい雛形を用意してくれたりしますが、どこのサービス会社も似たようなものです。内容さえしっかり押さえておけば問題ないですね

まずは1社目についての詳細を記載していきます。

記載するときは見やすさを重視して、枠線などを活用するといいです。

syokumu2

職務・業務概要の書き方

まずは職務概要として、自分が従事した仕事の内容をおおまかにまとめます。自己紹介のときにもアレンジして使えるのでしっかりとまとめましょう。

次に会社の概要を書きます。私は会社が掲げていたスローガンのようなものを書いておきました。会社としてどんな仕事内容であり、その中でどんなポジションにいたかが分かりやすいようにします。

次に業務内容。人事異動などで配置換えがあった場合には、それぞれの業務に対して書いていきます。異動が多い人は結構な量になると思います。

  • 業務内容
  • 営業スタイルなど
  • 実績(数字などで具体的に)分かりにくい場合は比較できる指標も書き込む。
  • 実績・成果にたいする評価

これらをまとめていきましょう。数字というのは具体性を出すのに必要不可欠です。入社当時の数字など覚えていないという場合もあると思いますが、できる限り盛り込みます。

この数字はずっと使っていきますので、主要な所は憶えておきましょう。今までの面接で、「入社から今までの毎年の販売実績を全て教えてください」といういやらしい質問もありました。営業であれば自分の実績・数字にはとことんこだわれ!ということなんでしょうね。

選考を進めていくにあたり、この書類の日付も忘れずに都度訂正します。直近の実績も日々変化しているはずなので、修正していかないと突っ込まれる原因となりますので注意してください。

自己PRは職務経歴書に書く

syokumu3

重要な自己PRは、書式が決まっていない職務経歴書に書きます。先ほど書いた概要と実績とは別に用意し、項目をつけて書いていくと便利です。

職務経歴書は履歴書と違い、手書きである必要はありません。印刷したものを渡せばよいので、PCに保存しておいてその都度訂正・改善しプリントアウトして使っていきます。

書き込む要素としては以下の項目を入れます。

  • 資格(業務に必須となっているものはここにも書く)
  • 活かせる知識・経験・技術など 具体性に欠けるとNG抽象的な表現はだめ。
  • 自己PR 一番の実績や力を入れて取り組んだことをまとめます。

資格は履歴書にも書きますが、ここでも書いておいたほうが親切です。あくまでビジネスをすすめる上で役立つものを書きましょう。ウケ狙いとかはNGですし、関係ない資格を書いたばかりに「他の仕事行った方がいいんじゃない?」なんて質問をされたこともありますので・・・

資格なんて持ってないときは何書く?

活かせる経験や知識については、資格こそないものの業務上有益なもの。私の例だと、保険関係の知識や法人営業経験をあげた。具体的な例を添え、法人営業であれば顧客法人の規模・営業形態にまでおとし込んでメモしておく。募集要項に法人営業経験優遇とかあればここまで詳しく書いておくといいです。

自己PRは自由に書けるので、ストーリーの様に筋書き立てて詳しく書いていく。自己PRもしくは一番の実績と銘打って書きやすい方を書いておく。どうしても自己PRは抽象的な内容になりやすいので注意。私は一番の実績について詳しく書いていました。

上記サンプル以外にも何通りか用意し、応募する会社に合わせて使い分けるようにしていました。このあたりは転職アドバイザーからの情報を基に使っていくといいと思いますよ。

自分で初めからベストな職務経歴書を書くことは本当に大変です。転職サイトのアドバイザーサービスを使えば無料で添削もしてくれますから、「勘違い」をして選考に落ちないためにも、使えるサービスはぜひ登録をしておくようにしましょう。