履歴書は会社の指定に従うべき!履歴書電子化の変化に戸惑う転職活動

スポンサーリンク

転職活動でも必ず必要になる履歴書。今ではあらゆるデータが電子管理されるようになり、履歴書もPC経由でデータを送るようなシステムを整えている企業が増えています。

ある程度年齢が上の人の場合は、まだまだ履歴書と言えば丁寧に手書きするものだという認識でいることが多く、個人のこだわりだけでは評価されない・むしろマイナスの評価に繋がることすらあるのです。今回はまさにそのような体験をした方のエピソードです。

 

転職活動を始めてから、自分のプロフィールを書く機会が増えました。久しぶりにまじまじ向き合った己の字は、パソコンの文字を見ているためか拙いものに見えて、思わずボールペン字の通信講座への申し込みを行ってしまった私がいます。

字の上手さに自信がない私にも、履歴書は手書きで書くべきものという認識があり、自分の中の常識にそって疑問に思うこともなく一枚一枚履歴書を作成していきました。

下書きがパソコンで行えるので、学生の頃よりも便利になって良かったなとしみじみしていたくらいでしたので、面接の際になぜ履歴書を手書きで作成したのかと聞かれた時はびっくりしたものです。

質問の意味するところがわからず、咄嗟に上手い理由もいえず、手書きで書くべきものだと思ったと答えた私に、面接官はさらに効率がよくないと思わなかったかと聞いてきました。

確かにその会社への履歴書も含めて、何枚と作成に臨んだ時間は大変なものだったので、正直に慣れない作業は苦労も多かったこと、字が得意ではないのでボールペン字講座まで受講したことを自虐ネタっぽく話せたと思います。それに対して面接官の返答は非効率だったよねとただ一言だけでした。

面接はその後手ごたえを得られないままに終わり、予想もつきましたが結果は不採用でした。帰宅して直ぐに面接官の質問の意図を知るためにネット検索し、履歴書のスタイルがデジタル化されていることを知った私です。手書きの履歴書だけで落とされたわけではないでしょうが、頑張って書いたものが評価を悪くした可能性もあるとわかりショックでした。

その先の履歴書作成方法は迷いましたが、手書き派とデジタル派両方の考えを見て、自分が希望している中小の会社では比較的手書きの評価もまだ高いこと、それから受講したボールペン字がもったいないという理由で、半ば意地になって非効率でも手書きでの履歴書作成を続けました。

そうして今の職場に転職することができたので、私はまだ手書きに対する特別意識を捨てていません。でも時代に合わせて、柔軟に対応していくのがこれからの社会人に必要なことなのだとはわかりました。何事も臨機応変です。

[winp_alert_accept]調度このようなことが言われたころ、かの堀江貴文氏や芸能人厚切りジェイソン氏が手書きの履歴書書いてるのは日本くらいのもので時代遅れと批判していたこともあります。

外資の繋がりが深い企業や、電子化でのデータ管理を進めている企業などではこのようなケースも今後増えてくると思います。自分自身の常識にとらわれることなく、企業が提示したやり方や書式には素直に従うようにするのがポイントですね。[/winp_alert_accept]