30代で周りの年齢の差が気にするくらいなら転職はすべきでない

スポンサーリンク

 

30代からの転職で失敗する人・・・転職後もまたすぐに転職をしてしまう人。

色々理由はあると思うのですが、自分より若い人との年齢と言うものの差を感じ始める30才以上の年になると、いらぬプライドが湧き上がって自分のキャリア形成を阻害してしまう人が少なからずいます。

転職で面接を通過し晴れて入社になったのは良いが、転職先の会社へ入った後の年齢構成がストレスとなって上手く行かない人は絶えません。面接担当者とそこで働いている人は違うし、年齢の差があればあるほど会社では働きにくく感じる人は転職をすべきではないとアドバイスをしたいです。

最近は年齢は関係なく実力主義みたいなことを掲げている会社もありますが、30代以降になってくると年功序列のほうがいいと感じるような人は多いですね。

実力主義と思っている時期はだいたい自分が20代前半とか若い時だけで、そのときに一気に金持ちになって思い通りの人生にしたいとか思うわけです。

安定志向で堅実にいきていきたいということであれば、今の会社のポストでどう伸ばしていくのか?を命題に上げて行動をしたほうが建設的であると思われる人も多いのが現状。転職で失敗する人の大半は、条件だとか給料よりも自分自身の考え方に縛られている人のほうが多いのです。

多くの人は30代になると、だんだん年功序列のほうが働きやすいと感じているようです。年齢をとってくると、年下が増えてくるから、何歳も年下をみていると、年下のいとこの誰かとかぶるとかで、自分が下のポジションにいるのが嫌になってきて仕事をする気になれなくなる人も多いのが理由です。

そして、会社の入社するポジションが年齢相応ではない、などの問題が起きてきます。普通のキャリアアップを考えれば、年齢が上がってくるほどポジションが上がってくるという年齢相応の体制になっているほうが好ましいに決まっています。同世代で比べるとかも、勝ってれば問題ないけれど、負けていたら誰でも嫌だと思います。

会社によっては年齢構成が非常に若いところもあり、若くして要職に付くことは珍しいことではありません。さらに後から入ってきた若い人が自分を追い抜いていくということもまた事実として受け入れて自分を磨いていけるような考えになかなかなれない・・・。そのうちにストレスだけがたまってまた転職と言うループになりかねません。

それでも転職を余儀なくされた場合の予防策としては、年齢構成を面接のときに聞くのはどうかなと考えています。何歳の人が多いとか、上司は何歳になるとか聞いてみて、そのときに年下が上司になりそうなら、その会社に入社するのをやめておくということです。

そもそも面接担当が年下になるとかも感じが悪く、こちらが面接を受ける側、使われる側にならなきゃならないのかと甚だ疑問に感じ、よほどのこともないかぎり、働く気が起きないでしょう。そのような考えを少しでも抱く時点でちょっと待ったと言いたい気持ちもあります。

働いていたら、生活を維持していくためとか、お金を稼がにゃやっていけないから仕方なくとか、ホームレスにはなりたくないからとか、何か理由をつけてやっていると思います。年齢による差を妥協できるかどうか考えて入社することが必要です。