未経験からIT業界に転職!知らなかったこの業界の構造…

スポンサーリンク

転職先で勤めだしてから初めて経験する業界ならではの商習慣に驚くケースはよくあること。転職あるあるの一つといえます。今回は最近増えているIT業界へ異業種から転職した方が経験した体験記を紹介します。

 

前職は某大手工業機器販売の営業マン。毎日毎日関東全域の工場へ営業活動、中には零細企業の取引先へ赴き、契約解除の交渉をしたり…忙しい上に薄給、営業先への訪問交通費の削減で1時間や2時間歩くなんてのはよくあることでした。

入社3年が経とうというとき私は転職を思い立ちました。どうせ薄給なら別業界、できればデスクワークがいい…まだ、家庭のない今が転職の最後のチャンスと思い転職活動を始めました。

しかし、私が経験のあるものといえば営業経験で、営業職では前職と同じようなことになりかねないので今回は畑を変えます。しかし未経験の転職というのはなかなか大変なものです。面接に関しては自信があったのですが、入社後のことを考えるとなかなか踏み出せないものでした。

そんなある日、某転職サイトで「未経験OKのIT業界」という求人をみつけました。もともと、テレビゲームの製作などに興味があった私は、システムエンジニアやプログラマーといった職業に多少の憧れがあり、この求人に応募してみることに。

みごと採用していただくことができました。やはり営業職で身につけたコミニュケーション力をどう活かすかを熱弁したことが功を奏したようです。ただ、今思えば選考を受ける前にこの業界についてもっとよく調べることをするべきでした。

入社日、都内某所の本社に出社し、小奇麗なオフィスで説明を受けました。そこで愕然とする内容を聞きました。「客先常駐」という体のいい派遣雇用の内容でした。

雇用契約書を確認するとやはり正社員、しかし業務内容は完全に派遣社員でした。

選考(面接)を通過して入社したのに、入社後も常駐先との面接を行い常駐先を決めるというのです。このシステムについて後々よく調べてみるとIT業界ではよくあることのようでした。

IT業界に限った話ではなく、このような業界ごとの慣習などについてはもっと事前に知識を深めておくべきでしたが後の祭りです。

私は諦めずシステムエンジニアとしてデータベースやサーバーの運用について働きながら学び、現在では再度転職し、スマホアプリの自社開発をしているベンチャーで勤務しております。アプリの開発に携わることは少ないですが、結果自分のやりたい仕事にたどりつくことができたと思います。

異業種に転職するというのであれば、自分の思いもよらぬところでトラブルになることもあります。しかも向こうはそれが当たり前の姿勢なので、こちらの意見はなかなか聞いてもらえないのが現状です。年収や勤務待遇などに気が行きがちですが、転職活動においてはもっと他に知るべきことがたくさんあるのです。

転職を経験するとそれだけ経験が溜まると思います。転職はステップアップであると考え、自分の思い描く仕事を探し続けることが有意義な仕事に就き、有意義な人生を送ることができると思います。