営業職の本当の姿とは?営業職への転職を考える前に・・・

営業
スポンサーリンク

転職活動をしていると営業職というのはどこの会社でも比較的募集をかけている事が多いと思います。転職サイトでも1年中募集しているような会社が多いのが営業職の募集。

早く転職をして仕事に就きたい!今まで違う職種だったけど、この会社の営業ならばできるかな・・・と安易に営業の仕事に興味を持つ人がいますが、それがもとで何度も転職をやり直すような泥沼にはまっている人を多く見かけます。

s-pic_g060

転職活動で違う仕事に就きたいと考える場合は、表面の理想的な部分だけでなく、裏側である現状というかデメリットを理解し妥協できるものでなくてはなりません。今回は一般的に営業職とはどのようなものであり、営業職に就く際に心得ておくべきことを書きます。

※必ずしも全ての営業に当てはまるとは限りません。少々オーバー気味に書いてる部分もありますが、異業種3社すべて営業で転職してきた経験から書いています。

営業職というのは数字を作る事が仕事です。企業としては営業職というのは生命線ともいえる大事な部署なのです。

ですが、それ故プレッシャーが大きく、身も心もボロボロになって退職される方が後を絶たないと思います。そうした事になってしまう一つの理由として、想像していたものと現実が全く違ったというのが大きな所でしょう。

営業職は数字を作るのが仕事だというのは上記でも説明しましたが、それを面接の時、会社説明の時に思いっきり正直に説明してしまったら、人材というのは中々集まらないのが現実でしょう。

なので企業は遠まわしな言い方をして実際の姿をおぼろげにしか見せていないのです。いざ就職してみると、説明と全然違うという事になるのです。

だからこそ営業職というのはどういうものなのかを事前に知っておかないといけません。

営業職、それは数字が全ての世界です

営業にとって仕事をしているかしていないかは、過程では無く数字の結果で判断されます。営業が仕事をとってこないと企業は生きていけない為、あの手この手で営業に数字をとってこさせようとします。

正直そこに綺麗事はありません。自分の生命が危ぶまれる状況で相手を気遣う事ができますか?という感じでしょう。

企業からしたらまずは何よりも数字が重要なのです。どれだけ理想論を語ろうと、どれだけ立派な企業理念があろうと、正直売上が無いと企業は存続していけないのです。

そもそもの企業の存在意義が利益を出す事です。身も蓋もないですが、これが現実です。どこの会社も基本的には営業職に対する風当たりは強いのが常識です。

面接では皆楽しく和気あいあいと書いてあったとしても、実際企業の生命がかかっているのです。そんなのほほんとした状況になっている事はかなり稀なケースと考えていいでしょう。

既存顧客への対応が中心の穏やかな職場・・・と言われても営業の役割は新規契約で販路を広げることは当然求められるもの。人事など会社本部が是としている営業の姿は、実際の現場は異なるのが営業の実情です。

営業職に向いている人・転職してやってける人

営業に向いてる人ってどんな人なのか?もしくは転職をして上手く実績を出していく人はどんな人なのか?

営業で実績を出す人・長く生き残れる人の共通点としてあげられるのが、人と競争して実績を上げるのが好きだったり、モノを売るという行為そのものが好きでこだわっていたり、人と話すことが全然苦ではない・・・こういった人が営業という職での相性が良いと思います。

意外ですが営業で実績を上げる人の多くが、実はもともと扱う商品に興味が合ったり知識があるわけではなく、モノを売って実績を出すという手段として勉強して知識を増やしているというケースが多いです。

全員に当てはまるとは言えませんが、〇〇が好きだからこの仕事で営業したいという考え・理由だけで入る人は多くが失敗します。例えば機械に詳しいから機械の営業に興味を持ったり、車が好きだからディーラーへ行ったり、医療で社会貢献したいという理由だけで営業職に興味を持つと、どこかで違和感を覚えてしまうでしょう。

ここから極端な話になりますが、人間なら誰しもが必要だと思っている人に必要なものを売ってあげたいと思うものです。ですが、営業職でその様な甘い考えでは数字は作れません。

必要無いと考えている人にどう必要だと思って頂けるのかを考えて実行し、数字を作るのが仕事です。なので当然人によっては嫌がられますし、暴言を吐かれる事もあるでしょう。

ですが、営業職として生きていくというのはこういう事なのです。相手が嫌がっているから辞めておこうなんていう考えではいつまで経っても変わりません。

勿論その考えが間違ってるとは思いませんし、むしろ人間としてとても正しいと思います。ですが、何度も書きました通り営業職というのは数字を作るのが仕事です。

どんな方法であれ数字を作っている人が評価され、作っていない人は評価されない世界なのです。もし、営業職を選びたいと考えているのなら強い覚悟をしてから飛び込んできて下さい。

そして今現在営業をされている方は、しっかりとそこは割り切って仕事をしないといけません。私は新卒で飛び込み営業をやっていましたが、毎日怒鳴られて警察を呼ばれそうになったり、ゴミを見るような目線をされたりと、毎日とても憂鬱でした。

ですが、私はそれ以前に男なのでこう考えました。営業で数字が作れない人は、魔法の使えない魔法使いと一緒だと。

単純で馬鹿な考えかもしれませんが、営業職として採用された以上、数字を作らないと明日はないのです。私は人と話すのも嫌いですし、世間常識も一切ありません。人見知りですし、できれば家に一人でいたいと思う人ですが、営業職で割り切ると決めた時には何も考えないで無心で人の何倍も訪問して結果を出してきました。

何事もそうですが、数稽古は必要です。100件で駄目なら200件、200件駄目なら300件という考えで無心で回り続けられれば気がついた時には自分に部下がいたりするものです。

人間は無心で動いている時が一番強いです。なので辛くても自分なりのスイッチを見つけて無心で働いてみて下さい。