転職アドバイザーとの相談も気合入れろ!採用の一役を担っています

スポンサーリンク
tensyokuadvicer

転職を効率よく支援してくれる転職アドバイザー

マイナビやリクルートでは、エージェントという呼び方をしている転職支援を行う人たちのことです。

彼らはやはり只者ではなかったことが分かりました。

企業の採用担当と深いパイプを持ち、採用する基準や人物像を正確に把握しているのです。

アドバイザーとの面談の際は、すでに選考が始まっているという心構えでいきましょう!

先日転職アドバイザーをしている人と話をする機会がありました。

彼らの仕事ぶりを聞くことで、転職をするものにいかに頼もしい存在であるか、企業と転職者の相田にあってどれほど重要なポジションにいるかが分かりました。

彼らの仕事は、私たち転職者をサポートするため企業との選考日程の交渉や合否の伝達を代行してくれる以外に重要な役目があります。

企業からの求人や非公開求人を請け負うために、企業側採用担当とパイプを作り具体的な採用基準・採用したい人物像などの情報を打合せしています。

さらにはクライアント企業の実際に採用を検討している部署にも出向き、直属の上司となる人物や、仕事に求められるスキル・経験などの情報も正確に仕入れているのです。

単純な企業と転職希望者の交渉代理人ではないのです。

アドバイザーはより企業が採用したい人物のマッチングを高めるために、転職応募者のスキルや経験を引き出し、合致した企業に優先して紹介するようなこともしています。

そのため、我々もしっかりした経験や実績をまとめていき、選考を受けているという心構えで望めば印象は良くなり、より多くの企業に紹介したいという思いにさせることができるんです!

さらにそれだけ企業と密接につながっているということは、内部の情報や人事の採用担当者および面接官の情報も豊富で、仕事内容についての知識も豊富です。

面接前には面接官の詳細を教えてくれたり、アピールする際のポイント、どんな人柄が好まれるかといった情報を得られるのは頼もしい限り。

より多くの求人を紹介してもらえるよう、緊張感を持ってアドバイザーとの面談には臨みましょう。

リクルートエージェント