リクルートエージェントとの面談を安易に考えてはいけない理由

スポンサーリンク

リクルートエージェントに申し込んだら、最寄の支部にて、転職エージェントと面談についてアドバイスです。

しかしここで注意しなければならないことがあります。転職エージェントとの面談は軽く考えてはいけないということ。

実際に面談の内容は希望職種や動機などを確認し、今後の活動の方針を決めるというのが主な内容なんですが、ある程度の準備と覚悟をしていかなければならない理由があります。

リクルートエージェントの面談方法は様々ですが、私の場合は予行練習も兼ねて面接形式の訓練もありました。

他にも登録して面談を受けたことがありますが、そのときは普通に進路相談のような流れでした。このあたりはアドバイザーによっても違うようです。

ここで確認しておきたいことが1つ

エージェントが持っている優良な非公開求人は、エージェントからの推薦という形でエントリーされるということ。

エージェントは提出された職務経歴書を見ながら、さらにアピール材料となる経験や知識を掘り出してくれるということもしますが、それ以上に応募してきた人がどんな人物かを見定める役割も担っています。

エージェントは企業の間に入り、いわゆる1次選考のさわりの部分を代行しているという側面も持ちます。

リクルートとしては見込みのある優秀な人材を企業に紹介し、その人が採用されなければ報酬は得られません。下手な人を送り込んで、期待はずれの思いを企業にさせてしまっては、企業からの信頼も落としてしまいます。

そこで、任された求人案件に自信を持って推薦できる経験・能力を持った人物であるのかを見ています。受け答えも適当にして、転職に対する意欲が低いようでは満足な求人を紹介してもらえないことも考えられます。

仮にまだ本腰を入れて転職を考えていなかった場合でも、誠実に話を聞く姿勢を見せれば今後優良な案件が出てきた際には優先して知らせてくれるようになります。

面談の前までにある程度の自己分析を済ませ、希望職種・業界などのイメージがつかめていれば詳しく話をしてくれるだけでなく、多くの求人を紹介してくれるので、エージェントの面談だからと気を抜かずに行くことが転職成功への第一段階ととらえましょう。

リクルートの転職サイトリクナビネクストに登録するメリット

リクルートエージェント名古屋にて初面談レポート

リクルートエージェントとともに職務経歴書を充実させる

30代で転職成功するための流れとノウハウ総まとめ

リクルートエージェント