転職後でも自分の希望のポストへのアピールは積極的にすべき

スポンサーリンク

転職後、希望のポストに付けないという悩みは意外と多いです。転職先の都合や状況が変わり、希望部署以外の仕事に就くこともしばしば。しかしどの仕事でも自分のスキルをアピールし、希望ポストへ付くための努力は欠かしてはいけないと言う体験談です。

 

わたしは30代前半の男性です。仕事はシステムエンジニアをしています。以前勤めていた会社は、大学を卒業してから7年ほど勤めていました。

仕事内容はWEB系システムの構築がメインで、Javaという言語を使ってプログラミングを担当していました。

会社の規模も社員数30人に満たない会社で、下請けの下請けのような仕事をしていたので、なかなかシステムエンジニアとして成長する事が難しいと思い転職を決意しました。

わたしとしては、要件定義や設計業務といった上流工程を手掛けることが出来る会社への転職を目指していました。

転職活動にあたっての、面接では上流工程を目指いしたいとの事は、しつこいくらいアピールし、その思いを解ってもらったうえで転職しました。

しかし、与えられた仕事は以前と同じようなプログラミングでした。最初から設計やお客様との折衝などできるとは思っていなかったので、まずはプログラミングで結果をだし、自分をアピールする事で上流工程を手掛けるタイミングを待っていました。

一年ほど、頑張り続け結果を出し続けました。他のメンバーよりも前倒しで仕事を終わらせ、プロジェクトにも大いに貢献してきました。しかし、上流工程を手掛けているのはわたしよりも業界経験も少なく、考慮不足が多い人が担当していたので、上司に直談判しました。

上司からは、わたしのプログラミングスキルが高い為、設計業務よりも他のプログラマーのフォローをしてほしいと言われました。わたしとしては、面接のときに話をした上流工程へチャレンジしたいという思いを再度話しました。

粘り強く話をしているうちに上司の方が折れてくれて、チャンスをもらうことが出来ました。今までは、プログラミング100パーセントでしたが、設計50パーセント、プログラミング50パーセントの割合で仕事を
出来るようになりました。

そこで、ミスが少なく、効果的な設計をすることが出来たので、徐々に設計業務の割合が増えてきました。3年後のいまでは、お客様とのやり取りをする要件定義を手掛けることが出来ています。

何とかもらったチャンスを生かすことが出来たので、今があると思っています。