求人情報に記載されていた通りの残業代が出ないことに少しガッカリ

スポンサーリンク

内定も決まり、転職した後に給料の支払いに違いがあるのはよくある話。内定時の契約通りの額面が提示されず、話と違うなというトラブルはつきものです。

意図的なものもありますが、刻一刻と変わる世の中ですから、転職後まもなく会社業績の変化で給料に違いがでることもあります。今回はそんな体験談をご紹介します。

 

私は東京都内に住む35歳の男性です。半年ほど前に私は以前働いていた自動車整備工場の会社を辞めて、現在の会社に転職しました。

以前働いていた会社は労働時間が長い割に残業代金がしっかりとつかず、給料面で非常に辛い思いをしていました。

残業代さえしっかりつけば、かなり稼げる会社だったのですが、やはり会社の経営も芳しくなく、従業員に働いた分だけの作業代を与えることができない…そんな経営状況でした。

支払いないものが支払えない…と言う会社の対応でしたが、私の場合は家族もいたため、そうも言ってられない…そんな状況。それが3年ほど空いたので、私は意を決して新しい会社に就職しよう…そう思いました。

以前の会社に働きに行きながら、スマートフォンで転職サイトに登録して、空き時間を見計らっては転職の情報調べまくっていました。そんな時に現在働いている会社の求人情報を発見しました。

現在と同じ自動車の整備工場…でしたが、待遇が非常に良く、何より基本給が良いのと残業代が完璧に支給される…と言うところに惹かれました。

私はその会社に面接に行こう…と決心しました。私も30代半ば…転職するのもこれが最後のチャンスかもしれません。実際に面接を受けに行くと、面接官の総務部長も非常に優しい方で、会社自体には非常に良い印象を受けました。

また、先方にとってもかなり印象が良かったようです。私は整備に関する資格をいくつか持っていたため、そういった部分にも先方は反応していたようです。
そして気になる審査結果は…見事合格!

私は10年近く務めた以前の会社を辞めて、現在働いている会社に転職しました。

環境こそいいが、残業代の詳しい仕組みまで知らなかった

新しい職場はすべてが斬新で、同じ自動車の整備工場でもかなり最先端の技術を駆使していました。

基本給も高いし、労働時間も以前の会社に比べると短い…と言う点は、転職して良かったなぁ…と心底思いました。

しかし、最初の求人情報と違う部分も一点だけあり、そこが非常に気になりました。それは残業代についてのこと。求人情報私には残業代は全て支給!と記載されていました。

しかし実際に働いてみると、残業は月に10時間まで。それ以上働いても10時間分以上の残業代金は給料に反映しない…ということがわかりました。

私は正直この部分にがっかりしてしまいました…。せっかく残業代が出る…と言う部分に心惹かれて入ったのに、その部分が嘘だった…と言う結果だったからです。嘘とまで言うと語弊がありますが、内定時にもこの辺りの詳しい規約は聞かされていなかったためがっかりしたのは事実です。

しかし、以前働いていた会社よりも給料3万円以上つき平均してもらえていますし、労働時間もかなり短縮できています。トータルして考えると、新に転職した会社の方が、割が良い…私はそう判断した為、現在の会社で働くことを決意しました。

また、新たな会社では私は工場主任と言う役付きで入社することができたので、その部分も大きく関係していました。少し位不満があっても、長く働いていればそれを払拭できる位の良いことがありそうな会社だな…そう感じて私は現在の会社で働いています。

現在転職してから半年が経ちました。周りの従業員とも打ち解けあい、毎日楽しく働いております。