タクシー運転手への転職経験者が語るタクシー業界の内情

スポンサーリンク

車の運転が好きな人は、タクシー業界への転職と言うものも考えたことがあるのではないかと思います。転職を考える時点ではいい部分ばかりを目にしがちなのですが、どの業界でも負の部分・悪い部分は当然あり、それを妥協できるかどうかが転職後の仕事環境に影響してくるもの。

今回はタクシー運転手として転職を経験した方に体験談として投稿いただいた物を紹介します。

 

求人を日々チェックしているとよく目にする事が多いでしょう、タクシー運転手。

キャッチフレーズは高収入で安定した休みというところでしょう。万年人手不足の為、常に求人が出続けていると思います。

しかし実際に入社してみるととても平均年齢が高い事にビックリすると思います。

タクシー業界というのは、あくまで世間一般的にいいますとあまりやりたいとは思わない仕事だと思います。実際に万年求人を出し続けているというのはそういった事も理由の一つだと思います。

ですが、その中には背に腹は変えられないという思いでその扉を開ける人が多いのも事実です。何らかの理由で会社を辞めてしまい、次の仕事が見つからないのでタクシーをやろうと思ったという人がとても多いのが現実です。

タクシー運転手というのは、他の職業に比べると年齢が高くなっても問題なく行える数少ない職業であるといえます。その辺でいいますと、一生職には困らないというのは正解だといえます。

ですが、現実はそんなに単純な問題ではないのです。

今現在タクシーを考えている方はしっかりと現実、現況をしった上で判断して頂ければと思います。

業界の慣習や目に見えないルールを把握しておくべき

私は人間関係が苦手で一人で働ける仕事がしたいと思いこの仕事を選びました。実際独り立ちをして業務を行ってみると確かに毎日一人で仕事をするので、一般のサラリーマンに比べるととてもストレスは少なかったと思います。

しかしその裏にとても暗い感情が渦を巻いています。タクシーの大きな業界ルール、それは何か金銭でのトラブルが起きた場合は全て自腹だという事です。

実際噂では聞いた事があると思います。私もそうだったのですが、サラリーマン出身の人からしたら何かのトラブルでのお金が自腹なんてとても考えられないですし、常識的に考えてそんなはずがないと思ってそこで深く考えないと思います。

全ての会社でこのような状況であるとはいえないと思いますが、少なくとも私が転職した先のタクシー会社はそうでしたし、仲間内に話を聞いても残念な事にこれは事実なのです。

タクシーの料金メーターというのは末端の社員には操作ができない様になっています。なので間違って料金を発生させてしまった時や、お客様が逃げてしまいお金を受け取れなかった場合、道を間違えて迂回してしまった時等のお金は全て自己負担という事になります。

理由は業務後に入金作業があり、その際にメーターの料金と入金額を合わせないといけないのです。不足分は自分が入れないと金額が合わない様になっているのです。

乗り逃げ等の時に関しても、一旦はその料金を入れなくてはいけません。驚くかもしれませんがこれが業界の常識です。

皆お金に関してはとてもシビアな考えを持っています。缶ジュースを後輩に奢っている人すら見た事がありません。

自分の身は自分で守るというのがこの業界では生きていくのには必要な能力になります。迂回してしまう可能性等があるのであれば、この業界はかなり厳しいと思います。お客様は急いでいます。道を間違えるのはクレームにプラスして料金も頂けません。ダブルで辛い思いをします。

多少給料が良いと思っても実際に自分がお金を負担してしまう可能性を考えて転職活動を行って下さい。私はこうした習慣に馴染めずトラック運転手の道へ進路を変更しました。

人それぞれ価値観が違うと思います。自分はそういった道のトラブルや間違い、乗客とのトラブルを起こさない自信があるのならこの業界はとても居心地の良い所だと思います。

[winp_alert_thint]どんな業界であっても、一般的に求人募集の時点では明らかにされないものであったり、「慣習として当然」のように考えられているものは外部には見えにくいという現状があります。タクシー業界なども歴史が深いだけに、商習慣と言う文化は根付いていますから、その慣習に馴染めずにストレスを溜め込む人も多いようです。安定や収入などのメリットの部分だけに目が行きがちですが、必ずデメリットというか現場で働く人しか知りえない状況などを事前に得ておくことは重要です。

このようなトラブルを防ぐためにも、転職サイトや支援サービスを受ける際は、担当者などが業界にも熟知していることが大きなメリットとなります。最近は業界ごとに専門的に求人を扱うサイトも増えてきましたので、調べた上で登録していくようにしましょう。[/winp_alert_thint]