退職準備がスムーズに捗らず遭遇した「内定取消」の危機

スポンサーリンク

今回は内定がでて転職が決まったにもかかわらず、在職中の会社の退社手続きが思うように進まずに、よもすれば内定が取り消されてしまうかもしれない危機を迎えた方の体験談と、これから転職活動される方へのアドバイスです。

職場に内緒で転職活動を続けて三ヶ月とちょっと、度重なる不採用を乗り越え、私は何とか希望としている職種の内定を手に入れることができました。

ここまで来れば一安心!もう問題はなにもないと、その時の私は思っていました。いつから出社できるかという質問に、今すぐにでもと答えてしまう位には、私は調子に乗っていたわけです。

ところが簡単に退職はさせてもらえないかもしれないと漠然と不安を感じ始めたのは、初めて上司に辞めたいと話したあたりからでした。

私の前にも一人退職していて、入れ替わりの激しい職場でしたから、てっきり二つ返事で退職を受け入れてくれるだろうと予想していたのに、上司が放ったのは「今辞められるのは困る」の一言でした。突然そう言われてもこちらにも都合があると、それはにべもない返事です。

そのまま退職の具体的な話はできず、追いやられるようにその日の業務を指示されて、私はすごすごと引き下がるしかありませんでした。

大きな仕事を任せられているわけではないから、今進行中の仕事があるわけではないからと、軽く考えすぎていたのかもしれません。

それから一週間二週間と上司から何の返答もないことに焦りつつ、私は新しい職場に入社までもう少しかかりそうだと伝え、待ってもらえるようにお願いしました。なるべく早く願いたい、あまりかかるようなら内定の取り消しも考えられる、というようなことを言われてかなり落ち込みました

仕事上で受け取っていたデータをまとめて、休憩時間にはロッカーの整理やデスクの片づけをして、少々フライング的な行動かとも思いましたが、同僚や仕事関係の人に退職の意志を伝えてと、自力でできる退職の準備を進めながらそれからは上司の決定を待つ日々です。

一か月後に、退職の許可が出たときは安堵の気持ちでいっぱいでした。

結局退職までにかかった期間は丸二ヶ月、上司からの言葉はなく職場では針のムシロでしたが、転職先の会社に待ってもらえたのは幸運でした。

転職活動はひっそりと行うべしとはよく聞く話ですが、自分の体験を通して、もしかしたら少しは退職の意志をにおわせておく方がいいこともあるのかなと感じています。

[winp_alert_accept]在職中で転職活動するときは、内定が出るまで上司に止める意思を伝えるわけには行きません。しかしいざ内定が出て辞めるときには、思わぬトラブルを経験する人は相当いるようです。

基本的に法律では辞める14日前に会社に申し出るようになっていますが、各会社ごとの就業規則がある場合はそちらが優先されてしまうことが結構あります。内定を出した転職先の会社も入社の段取りを取りますから、来てくれないと困るのは当然。いつまでも退社のめどがたたないと下手したら内定取り消しになることもあり、裁判にもなったりしているくらい。

これを事前に防ぐためには、もし今の会社で既にやめて転職したような人がいれば、止めるまでにかかったリアルな期間や情報をできるだけ集めておき、余裕持った数字を内的先には伝えるようにしましょう。これくらいで退職できそうだという安易な回答をすると、板ばさみで苦しむことになりますので注意しましょう。[/winp_alert_accept]