転職活動のデータが入ったノートPCを紛失したらどうなる?

スポンサーリンク

 

転職活動と言えば、今必須のツールがノートパソコン。情報を得るだけならスマホやタブレットでもできますが、情報を書き込んだりまとめたりという作業の面ではまだまだパソコンの需要があります。

このパソコンをうっかり紛失したり盗難にあったりすると、当然ですが非常にまずいことになるので問題点を確認して、くれぐれも紛失などのトラブルは防ぎましょう。

ノートパソコン

以下は実際に転職活動をしているときに、ノートPCを使っていて、そのパソコンを紛失したトラブル体験談です。

そのPCは外にも持っていけるし、いつでもメモ帳を開いてデータを確認することができます。それはそれで便利なんです。通常は、紙を持ってペンで書くということになりますが、PCであればタイピングで保存で済ませることができます。どちらが便利かというのは一概にはいえませんが、私の場合はタイピングでした。

最近は履歴書もデータ打ち込み式が多いですし、転職アドバイザーとのやり取りもメールなどですることが多いのでパソコンは手放せなかったわけです。

そうしていつもPCを持って出ていたから、ある日のことそれを紛失してしまったことがあります。

転職における企業の情報は重要機密事項である

急になくしてしまうと、それまで蓄積していたデータがすべて消えたのと同じで身動きとれなくなります。

どうしようか、メールはチェックできなくなる、ネット上での転職活動には使えなくなる、データを整理することができなくなる、手に何も持たなくなってとてつもなく暇になる、といったぐあいに、転職活動がストップしてしまいます。いかに、日頃からPCの利用に依存しているかがよくわかります。

それよりも問題なのは、自分の個人情報ならともかく、企業先のデータや転職サイトから提示してもらった重要なデータが紛失するということ。これは一般企業でパソコン使っている人なら分かると思いますが、懲罰問題レベルです。顧客のデータを紛失するのと同じで、下手したら謝罪会見と言うかニュースにもなったりしますよね。

さらに非公開求人と言う言葉もあるように、企業は自社の採用情報を知られたくない事情もあります。それくらい求人に関する情報は企業にとって機密事項であり、紛失して第3者に情報が渡ろうモノならば信用は一気に失墜します。

メールはブラウザメールを使うが吉

すぐさままずはインターネットカフェに行って、ネット上で分かる範囲のことを把握することにしました。

何よりも転職アドバイザーからのメールやスケジュールなどが分からないのは最大の痛手。幸い私はグーグルのG-mailを使っていたので、どこでもネットに繋がれば確認ができたのは救いでした。プロバイダメールなどでバックアップしていない場合には目も当てられなかったでしょう。

転職サイトには翌日お詫びの電話をいれ、指示を仰ぎました。念のため警察への盗難届けを出すように言われ、大きな問題にはなりませんでしたが、結局その転職アドバイザーに負い目を感じ、転職活動は中断。しばらくほとぼりが冷めるまで現職のまま過ごさざるを得ませんでした。

結局パソコンは見つかるはずも無く・・・。何か請求されるのではと、びくびくした日々を過ごしたのは言うまでもありません。運が良いとしか言えませんがその後トラブルになることはありませんでした。

日頃から転職活動やそのデータをPCに依存しているなら、PCを紛失しないように、肌身離さず持っておくことが大切です。