転職先からなるべく早く入社してほしいと言われてしまった

スポンサーリンク

転職するときに必ず確認しておかなければいけないのが、「雇用契約・就業規則」の確認です。仕事しながらの転職では、内定を得ると同時に今勤めてる会社を辞める必要があります。ここで引止めや契約上の規則で予定の期日に辞められないというトラブルは非常に多く発生しているのです。今回はそんなトラブルの一例をご紹介します。

 

退職をしてから転職活動に専念したいという気持ちは山々でしたが、扶養家族がいるという状況での転職活動でしたので、仕事を続けながら行っておりました。

面接までこぎつける割合というのも多いとは言えませんでしたが、幸いにも希望する会社の一つより内定を頂くことが出来ました。

しかし、ここで内定先よりなるべく早く入社することができないかと言われてしまいました。

法律上では2週間前に退職の旨を申し出れば辞めることができると言われているようですが、私の勤めている会社では1か月前という雇用契約がありました。

これから勤務先に退職することを伝え、それから新しい人を採用し、その後引き継ぎということを考えても、やはり円満退職を考えるなら一か月はかかってしまいます。

せっかく決まった転職先を蹴りたくないという気持ちが先行し、法律を盾に取り2週間で退職することも可能かなとも思う自分がありました。しかし、後に残される人の負担であったり、また、会社にはとてもお世話になったという恩もあったので、跡を濁すような辞め方はしたくないと思いました。

とりあえず先方に状況を説明し、もしどうしても早く入社してほしいというのであれば、今回の話は誠に残念ですがなかったことにして頂いても結構ですという気持ちを伝えました。

実際問題、喉から手が出るほど望んでいた転職だったので、後先考えずに転職してしまおうという気持ちが強かったのは事実です。しかし、やはりどうしてもそんな辞め方をすることはできませんでした。

ところが、結局転職先の方は待っていてくれるということになったんです。入社してから待っていてくれた理由を話してくれたのですが、きちんと責任を果たすという部分に仕事に対する熱意のようなものを感じてくれたようで、採用しても中途半端な辞め方はせず、仕事を全うしてくれるだろうという点で評価されたようでした。

仕事を続けながらの転職の場合、退職日と入社日に悩まされることがあるかと思いますが、本当に必要であると思われる人材であれば待ってもらうことが出来ると思います。