中途採用の裏事情を考えさせられた転職者の悲痛な叫び

スポンサーリンク

中途採用というのは本来即戦力の採用を意味します。なので新卒採用とは採用枠が異なり、内定の難易度が上がるのが一般的でしょう。

ですがその人事や役員、社長が決めて採用する基準と現場レベルでの考えのギャップにはとても戸惑う事が多いと思います。

よくあるパターンなのが、面接ではこういった業務内容で、自分にはこういう仕事をやって皆をまとめて欲しいと言われて採用されるも、実際に出社してみると現場で用意されているのは只の雑用だったという事です。

これは面接でいっていた事と全然違うじゃないか!という典型的なパターンでしょう。転職活動を経験している方にはこういった経験がある方も多いと思います。

中途採用というのは今まで勤めていた会社を一発奮起して退職し、キャリアアップを目指す事に大きな意味があると思いますが、それができるかどうかは当然次の会社次第という事になります。転職してしまってからでは遅いのです。

もし可能なのであれば退職前に苦しいかもしれませんが、一度体験入社等でその会社の空気に触れてみる事です。当然自分の休みの時間を削って行かなくてはいけないので本職に多少なりとも影響が出るかもしれません。

ですが、転職の問題というのは一生の問題なのです。その場のキツさを理由に在職中や退職してしまってからの転職活動だとどうしても冷静な判断力ができない事が多く、転職してみるも内容が説明と全く違ったという状況になりやすいのです。

ここで注意して欲しいのが面接での説明で人事、役員、社長は別に嘘はいっていないのです。問題なのは、現場本来の姿が見えていないこと。

会社はその方向にしていきたいと思っていても、集団を動かすというのはとても大きなエネルギーを必要とします。理想論通りに現場が動けるかどうかは現場に入ってみないと分からないのです。

誰だって効率よく楽しく仕事がしたいんです。多くの職場ではそういった事が叶わずに皆我慢して仕事をしております。そういった状況下では中々相手を気遣うという事も難しく、会社の思惑通りに事が運ばないのです。

即戦力を武器に採用されても現場によっては宝の持ち腐れという状況になってしまうこともあり、採用する本部と現場の求めるものの相違と言う理不尽な波をもろに被ってしまうこともあります。

これを回避して確実な転職を成功させるには、在職中に一度でも希望の会社に足を運んでみる事が大事なのです。

仕事の関係で毎日朝から、晩まで働き詰めで休みも実際に取れるかどうかが分からないという職業もあると思います。そういった方は有給があるなら、もう心を鬼にしてでも有給を請求してその間に転職活動をして下さい。そしてその間に内定を頂いた所に体験入社をさせてもらって下さい。

転職を繰り返さない方法はこれが一番です。転職というのはとても不安が付きまといますよね。家族なんかがいればもう命懸けで行っていると思います。だからこそ自分の人生を大事にしないといけないのです。

どの会社でも経営側の人間と現場側の人間では価値観の違いが生まれてます。それが当たり前なのです。面接でどれだけ理想的な事をもし言われたとしても、全てをそのまま受け取るのはとても危険なのでやめましょう。

百聞は一見にしかずとはよく言ったもの。自分の目で一度でも見て経験したことに勝るものはありません。

企業は人員がいないと運営に支障をきたします。人員は必要数を確保しなくてはいけないという現実があります。ですからどの会社も長所を必死にアピールしますが人間と同様で完璧な会社というのは存在しません。その面接の話だけでなく、自分の行動で本当の現場の意見をしっかりと聞いてから入社を決めて下さい。

誰だって次の会社は大丈夫だろうと安心して入っています。まさかこんな事になるなんてと失敗した時に思っているはずです。その油断が後々大きな損失となります。油断をしないでしっかりと冷静に転職活動を行って下さい。