ヒゲが濃いと面接で不利なのか?転職面接お悩み解決

スポンサーリンク

ヒゲが人よりも濃くて面接で不利にならないか悩んでいます・・・

という相談を以前受けました。ヒゲの処理は身だしなみの基本です。私も鞄に髭剃りを忍ばせておいて、朝だけでなく面接前には必ず剃るようにしています。

しかし、いわゆる青髭が濃くて剃っても目立ってしまうという人がいます。はたして髭の濃さについてはどのように見られているのでしょうか?

しっかり剃ってあるのに濃いというのは相当な悩みです。さらに、面接ともなれば影響はどうなんでしょう?

それだけで落ちてしまう様な悪いイメージは無いにしても、有利になる要素はありません。結局は人が人を見るわけですから、顔には出さなくても内心どう見られているかは分かりません。

初対面であなたがぱっと見た人が、ヒゲが濃ければ濃いなと思うでしょう。それを気にしない人もいれば、気にする人は気にする・・・仕方ないことです。

もちろんヒゲだけが理由で落とされることはないです。これは私の知人の人事担当者も言っていましたが、体のコンプレックス・外見で落とすようなことはまずないでしょう。

しかし個人が抱えるハンデと認識されるので、それを上回るような「何か」を期待されてしまうのが厳しいところです。

さすがにヒゲをネタにして面接を優位に進めるというようなことは考え付かないので、経験やエピソードで他の応募者と差をつける以外にないでしょう。

一番の問題は、自らがヒゲを気にしてしまうあまり、本来の自分を発揮できないという悪影響を及ぼす可能性もあることです。気にしていることは、コンプレックスを抱えているのと同じですので自信の無さを露呈してしまうかもしれません。

会社によっては、きちんと自分のデメリットを理解して、それを克服するための自己投資や自己管理ができる人か?というチェック項目を設けているところもあるようなので、どうしても気になるようでしたらヒゲ脱毛とかやってみるのも手です。

ちなみに余談ですが私は営業をしていくうえで、声が低くて通った声が出せず、噛んでしまって聞きづらいと言われることが多く苦労しました。その後、ボイススクールに通って大きな通った声を出せるようにトレーニングをした結果、声室はどうにもなりませんが噛んでききづらいということは無くなりました。

面接に落ちたりして原因が分からないときは、自分の弱みを振り返って自信をつけてから再度挑んでみるというのもいいですよ。