30代からの転職は不利?企業に求められる人材とは

転職にはトラブルはつき物?仕事に関する悩みもそうですが、いまや転職が一般的になってきた時代です。

しかし転職をしようと決意を新たにする人が多くなっている傍ら、転職活動が長引いてしまい上手くいかない経験やトラブルを抱えてしまう声も良く聞きます。

私自身2度の転職を経験してきました。20代と30代それぞれ異なる人生の立ち位置において、ビジネスキャリアを変わるという経験をさせてもらったわけですが、そのときに痛感したことがあります。

30代に入ると企業の人を見る目が若干変わる・・・

転職サポートしてくれるコンサル会社の担当にも聞いたのですが、キャリアアップを目指した転職では30代からは不利な要素もあるということ。

企業としては戦力として育てるのであれば、少しでも若い20代を取りたいという需要がある。一方30代はほぼ即戦力を求められるようになるので、アピール方法や面接での受け答えも変わってくるというアドバイスを受けたのです。

自分の持っている経験やスキルを、企業が求めるビジョンに合わせて見せていかねばならない。ここがずれてしまうと、どれだけ優れた経歴でも上手くいかないということもあるのです。

転職は短期で終わらないと本当に大変!

キャリアアップを目指すにせよ、不本意ながら転職を余儀なくされる状況にせよ、正しい知識を持って臨まないと転職活動が長引き不安ばかりが積み重なってしまいます

人材があふれている今、一人で簡単に転職の道を切り開くのは難しいです。

このサイトでは管理人の私の経験も交えながら、大手外運会社で人事を担当する先輩から集めた情報、延べ5社も登録した転職支援サービス会社で得た知識などを元に、転職トラブル解決や円滑に進むためのヒントになるような情報を発信していきます。

これから転職を始めようという20代30代の同志のために、少しでもお役に立てれば幸いです。

【思いを凝縮】転職で伝えたいこと総まとめページ

【必見】頻出転職面接質問集と回答への検証アドバイス



サイト運営者の転職履歴と考察

20代で多くの成功者が輩出されるようになった今日、焦りを感じている30の方は多いのではないでしょうか?私もその一人であり、様々な活動をし経験を積んできました。

私がどんな人物かというと・・・家族親戚全員が公務員という、お国に尽くす家柄に生まれ、大きなトラブルもなく生活してきた幼少期。

中学・高校とそつなく公立高校に行き、どこにでもいる平凡な生活を歩んでいました。大学も英語に強いという大学に入学。そのまま問題なく人生進むと思っていましたが・・・

時代は就職氷河期。公務員人気は恐ろしいほどに跳ね上がり、単純な知力だけでは通用しない時代でした。この間に怪しいネットワークビジネスとかに手を出したのは、今となっては笑い話です。失うものが多すぎました。

最初の就職は自動車販売の営業職

1回の公務員試験を経験するも、勉強尽くしの生活に嫌気が差しどうせやるなら営業だ!と周りの反対を振り切って営業職に就職。自動車ディーラーの営業職を始めました。

40人居た同期が1年で10人になるというとんでもない職場で生き残り、3年は続けろと言われつつもあっという間に5年を費やします。そこそこ仕事の馬が合ったのか、倒れることなく続けていました。

転職を考え始めたきっかけとは

転機は26歳の頃。当時会社の方針が大きく変わり、まるで時代に逆行するようなアナログの営業手法と、顧客を軽視する上層部のやり方に疑問を感じ始めていました。そんな中、某保険会社からのオファーが舞い込んできます。いわゆるうちで働かないかという外資特有の勧誘です。

保険業界は、すでに良く知った世界であったので興味はあったものの、心までは動きませんでした。変わりに全く違う業界に転職をするのはどうかという考えが頭をよぎり、第一回目の転職活動が始まります。

当時はとにかく今より高い年収を目指していたので、狙うは金融系と製薬会社。最終的に製薬会社で働くことになったものの・・・転職組に突きつけられる仕事は結構きつかったです。それでも前の職場よりマシという思いと、丁度ドクターへの過剰接待が規制される流れにのったので、想像されるような宴会営業ではありませんでした。

しかし3年後、第2期の転機。丁度30歳になった頃、辞令が出ます。なんとはるか南方の県に異動と言う内容。一貫して地元での貢献にこだわっていた私は、再度転職を決意。再び動き出します。

20代と30代では求められるものが違う!?

今回は時間がありませんでしたが、勤務地や条件を絞って活動したことにより無駄のない動きができました。そうはいっても、20代と30代では世間の見る目が大きく変わることを実感しました。

転職では若い方が圧倒的に有利ということはここで認識しました。しかし同時に、30代での転職活動も正しい自己分析と面接対策でほとんどのケースを克服できることが分かりました。

自分の中で実験も兼ねて何社も受け、最終的に3社からの内定を獲得。今回得たものは相当大きかったと思います。

30代からでも、やり方次第で転職活動を有利に進めることができますので、もし私の経験が役に立つようであれば一度サイトをご覧になってください。

いつまでも同じ会社に固執する時代ではありませんし、年収を求めるのも、生きがいを求めるのもあなたの意識次第です。

転職に興味があり、人生を変えていきたいという人は一度サイトを覗いてみてください。